女性の悩みはたくさんある!

お尻

陰部にも悩みが隠れている

乳首の問題でも頭を悩ませる女性は多いですが、同じ様に陰部の問題に頭を抱える女性も少なくありません。普段は隠れたデリケートな場所だからこそ、沢山の問題が発生してしまう場所でもあります。

Read More

日頃からのケアも大切

ピンク色の乳首を作りたいと考えた際に、美白クリームなどを利用するのもいいですが、日頃からのケアも大切になります。そのため、簡単にできる対策方法を調べてみることで、理想の乳首を作り上げましょう。

黒ずみ対策方法を比較

美白クリーム

乳首が黒ずんでしまう大きな理由は、シミと同じメラニン色素が原因とされています。そのため、メラニン色素の過剰分泌を抑えることで改善がみられます。美肌クリームにはそういったメラニン生成抑制作用などがある商品が多くあるため、自分に合ったものを探してみましょう。

クリニックでの治療

乳首の黒ずみで頭を悩ませている人の中には、美白クリームでも効果がみられないという人もいます。そんな時は美容クリニックを利用してみましょう。レーザー治療などをおこなうことで、綺麗な肌を作ることができます。

気になる乳首の黒ずみは美肌クリームで解消できる

バスト

日本人は黒ずみしやすい肌質

日本人は、体内で生成されるメラニン色素が多いと言われています。そのため、どうしても肌にシミや黒ずみが生まれやすい肌質になっているのです。また、それは乳首も例外でなく、生まれつきピンク色の乳首を持っている日本人は、人口の約1割にも満たないといわれるほどです。そのため、日頃からケアをおこない、メラニン色素の生成を抑えることで黒ずみになりにくい肌を作ることができます。

手

気をつけなくてはいけないポイント

乳首の黒ずみは肌質が大きな原因とされていますが、顔や腕などのように日頃露出しない部分です。そのため、紫外線などの影響でメラニン色素が生成されるのではなく、ブラジャーとの摩擦によって過剰分泌することが原因になります。ブラジャーはバストを支える大切なものですが、サイズが合っていないと体を動かす度に摩擦を引き起こしてしまうため、常にサイズは気にかけておく必要があります。

バスト

クリニックで相談するのも大切

美肌クリームなどを使って対策を考えるのはとても大切なことです。しかし、黒ずみの状況が重度の場合はクリームでは対処できない場合があります。そんな時に無理にケアを続けると、状態を更に悪化させてしまう原因に繋がります。日頃のケアで改善が見られない場合には、一度クリニックなどを受診してみるのもいいかもしれません。